宇宙混沌
Eyecatch

第4章:彼の部屋 [6/6]

 審神者は六人が過去へと飛び、転送装置が動きを止めてからタイムマシンの扉を開けた。
「無事転送できたみたいだな」
「どうかされましたか?」
「いや、何でもない」
 前田の肩をマント越しにぽんぽんと叩きながら、二人はタイムマシンに乗り込んだ。

Written by