宇宙混沌
Eyecatch

第4章:逆三日月 [2/4]

「「!?」」
 触れ合うか触れ合わないかという時だった。二人は嫌な気を感じて互いの体を離し、刀身を取り出して構える。酔ってはいたが、酔い潰れて刀としての役目が果たせなくなる程ではない。
「何…?」
「さあ…」
 隣の部屋から襦袢姿の和泉守が、やはり抜き見の太刀を片手に顔を出した。
「今の何か判るか?」
「判んないけど、かなり嫌な気したね」
 清光が答えている間に、パジャマの堀川も現れる。
「一応見回ろうか」
「主は? 今日の近侍は誰だ?」
「秋田君だと思うけど」
 四人は話しながら、気を抜かぬ様に主の部屋へと向かう。空には、細い月が浮かんでいた。

♥すると著者のモチベがちょっと上がります&ランキングなどに反映されます。
※リストへの反映には時間がかかります。

Written by