宇宙混沌
Eyecatch

第2章:愛され系審神者は給料分は仕事をする [5/5]

 小夜は部屋の前を通り過ぎた人影に、一瞬身を固くした。
 地にまで届くかと思うくらい長い髪。
「どうした? 小夜」
「……何でもない」
 よく見たら、別人だった。新しく顕現させたのか、審神者が背が高く長身の付喪神達を連れて歩いていた。更にその後ろには、一期一振。
「…………」
 大倶利伽羅は黙って小夜の頭を撫でる。愛染もテーブルの向かいから飛んできて、細い体に抱き着いた。
(駄目だよ一期……)
 そんな劣情を含んだ眼差しをしていては。

♥すると著者のモチベがちょっと上がります&ランキングなどに反映されます。
※リストへの反映には時間がかかります。

Written by