宇宙混沌
Eyecatch

第8章:愛され系審神者は怖れ、怖れられている [5/5]

「さよくんもやってもらうといいです! たのしいですよ!」
 会議後、部屋に戻ろうとした所を小夜は今剣に手を引かれて庭に出た。日本号がふらふらとしながら、短刀付きの鋤をくるくると振り回している。
「なんだまだチビが居るのか……って、小夜か……」
「僕は良いよ」
 精神年齢が高めの小夜は遠慮し、自分も一服したいので今剣に礼を言ってから母屋へ戻る。一期が審神者の後を追って彼の部屋に入るのを目撃した。
(……何かあってからじゃ、遅いんだよ、一期……)
 小夜は心の中で何も起こらない事を祈る。兄が行っていたこの「祈り」が通じる事などあるのだろうか、と訝しみながら。

♥すると著者のモチベがちょっと上がります&ランキングなどに反映されます。
※リストへの反映には時間がかかります。

Written by