宇宙混沌
Eyecatch

第7章:一角の甪端


 船の外では有象無象の妖怪達が降っていた。
『喉が渇いたな』
『何かお注ぎしましょう』
 銀の器に希林[きりん][おさむ]が紅い液体を入れる。その器を取った己の腕には黒い手甲が巻かれていた。一口飲めば、視界が歪む。
 薬を盛られた。
 いや、待て。これはおいらの記憶じゃねえ。これは、麒麟丸の部屋の、麒麟丸の椅子から見える景色だ。

 おいらは気配に目覚めると、振り下ろされた薙刀を腕を伸ばして受け止めた。
「何!?」
「寝込みを襲うとは、随分と卑怯な事をしやすねえ」
 見上げると、驚愕を顔に浮かべたせつなが居た。
「違う! 私はお前の……それより腕!」
「どうもしやせんよ」
 おいらは上着の袖を捲る。黒く光る鱗がおいらの皮膚を覆っていた。
「おいら一応麒麟なんですぜ?」
「……変化[へんげ]出来るのか、妖体に」
「そりゃあ、あんたと違ってちゃんとした妖怪ですからね。元の形が人形[ひとがた]なんで、疲れますが」
 言って鱗を仕舞う。おいらは立ち上がると、せつなに詰め寄った。
「それは見えないものを切る薙刀だ」
 せつなはじりじりと後ろにさがり、やがて襖にぶつかった。おいらはその頭の上に手を突き、とわ様と同じ顔の女を見下ろす。
「繋がってたのはりおん様と麒麟丸ってところですかい?」
「あ……」
「そいで、切れたのは片方だけ」
「……すまない」
「おいらが寝てる間に麒麟丸が喋り出すとか、そんなところでしょう?」
 せつなはこくり、と頷く。
「なんでちゃんと切ってくれなかったんです?」
「ごめんなさい……」
 せつなは震えながらか細い声で言った。怯えた表情もとわ様そっくりだ。
「謝ることはないですよ。元々おいらが麒麟丸と繋がってることの責はあんたには無いし、あんたしか[えにし]の糸は切れないんだから。まあでも」
 紫の瞳が泣きそうになっておいらを見上げている。おいらはその目をじっと睨んだ。
「おいらあんたのこと嫌いだよ」
 だってあんたの方がとわ様より綺麗だから。儚く刹那に散ってしまいそうな顔をしているから。なのにあんたはまだこうして生きている。
 どうせならあの時そのまま死んでくれれば良かったのに。そうしたら、麒麟丸との全面対決という事態にも、希林を井戸の向こうから呼び戻す事態にもならなかった筈だ。
 そしておいらが、本気でとわ様を殺そうなんて思う事も、なかったのに。

Written by

目次

  1. 実家に帰らせていただきます
  2. 父親
  3. Never come true
  4. 貴方だけのお姫様
  5. 言い訳できない
  6. ましな方の地獄
  7. 一角の甪端
  8. 溺れていたのは
  9. 一緒に帰ろう

キャラクタータグ