宇宙混沌
Eyecatch

スツルムの上客 feat. Drang


 明かりを消して、という要望に応えた。今夜の主導権は、別に僕にある訳じゃない。
「おっぱい大きくなったねえ」
 ベッドで向かい合って座る。もはや完全に掌に収まりきらない程育った乳房を揉むと、熱い吐息がこぼれた。
「その……おっぱいって言うのやめろ」
「恥ずかしい? 恥ずかしがってるスツルム殿可愛いなあ」
「うるさい!」
 はいはい、と笑って流し、押し倒して口付ける。そのまま首元に下りていき、スツルム殿の匂いを堪能した。鎖骨の辺りに吸いつくと、頭を叩かれる。
「やめろ。痕が付く」
「痛~い。昔は怒らなかったのに」
「今は服で隠れないからだ!」
「あー……それは失敬」
 代わりに胸の先端を舌でなぞる。反対側の乳房を片手で弄りながら、もう片方で秘部を[まさぐ]った。もうシーツに伝うくらい濡れている。指を滑らせると、艶めいた声がスツルム殿の喉から漏れた。
 胸を吸うのをやめ、スツルム殿の腰を掴んでひっくり返す。四つん這いにさせて、穿った。
「んぁっ」
「やっぱり……」
 根元までしっかり収まった結合部に、満足した溜め息を吐く。
「後ろからなら奥まで入るかどうか、試してみたかったんだよね」
 律動を始めると、きゅう、と締め付けが強くなった。僕のリズムに合わせてスツルム殿が声を上げる。
「気持ち良い?」
 僕は初めて、スツルム殿にそう訊いた。
「んっ……気持ち良い……」
 喘ぐ合間にやっと言えたというようなその答えに、思考が奪われる。出してしまいそうだったので一旦引き抜き、スツルム殿を抱き起こして向かい合わせで膝の上に座らせた。抜くときの締め付けが一段と強く、我慢できずに体勢が整うと直ぐに挿入する。
「僕も気持ち良いよ」
 下から突き上げると、軽いスツルム殿の体は軽快に弾む。体が離れない様に僕の首に腕を回したスツルム殿に口付けた。長い沈黙。それも口付けの間なら平気だ。
 顔を離すと、スツルム殿が何か言いたげな目をしていた。でもスツルム殿は最後まで言わなかったし、僕も訊かなかった。言葉が無ければ気持ちが伝わらない、なんて事はない。
 再び押し倒し、スツルム殿の顔に貼り付いた髪の毛を外してやる。名前を呼びながら律動を速くすると、スツルム殿は僕の背中に手を回して抱き締めてくれた。夜が更けていく。

 太陽が昇る。揃いのマント……これはあの時買った物とは違うけれど……を羽織ると、僕達は疾風怒涛の傭兵コンビの顔に戻った。
「次の依頼主は?」
「傭兵を取りまとめてる女の人だよ」
「まさか……」
「えーっと、ヘリヤって人」
 手帖を確認して正確な情報を伝えると、何故だかスツルム殿はほっとした顔を見せた。
「そろそろ行こうか」
「ああ」
 外は明るかった。隣に並んだ互いの姿を確認して、僕達はまだ歩き続ける。

Written by