宇宙混沌
Eyecatch

おかしなジータちゃん(欠損依存)

オリジナル設定もりもり。
基本的には上から順番に読む話。

ドラスツでラカジタでユスベア。
あとアオイドス(と残虐三兄弟)が割といる。

ほんのりベア→ドラ、ドラ→オリキャラ、ジャスティン→フェリなので苦手な方はご注意ください。

各セクションのあらすじの下のリンクは、そのセクションを元にした同人誌の販売ページです。

  • 本作品は腐向け要素を含む作品と同じ設備で制作しています
  • 『蒼の少女』編以降は平和に暮らしている世界線
  • 異種族間結婚できる前提
  • ラーメンイベントよりも前に書き始めているので諸々の設定違いは許せ

目次

更新:短編『ゆかいなコルワちゃん/シーナの口紅』

おかしなジータちゃん[feat. ドランク / 完結済み]

あらすじ

ドランクにはあるものが「欠けて」いた。それは愛する人を救う為に失ったものだった。
だから取り戻すつもりなど無い。果ての無い孤独の中、ドランクはその欠陥すらも糧として、罪を重ねて生きてきた。
しかし不思議な力を持つジータと交流する中で、ドランクはふとそれを取り戻したくなる。
それは一体誰の為なのか。その答えを探す事も無く、彼はある計画を練り始め……。

第1章:ドランクを落としたいジータちゃん
  • G
  • 4257字
  • ♥ 11
第2章:ドランクと許婚を見守るジータちゃん
  • G
  • 11159字
  • ♥ 9
第3章:Love Still Alive
  • PG12
  • 5600字
  • ♥ 9

???「投稿するシリーズ間違ってない?」
ぼく「間違ってないよ!(温度差で風邪を引け!」

※流血苦手な人は注意してください

第4章:Share Your Pain
  • R18+
  • 3204字
  • ♥ 5
読み飛ばしても大丈夫。
第5章:美男を脱がせたいジータちゃん
  • PG12
  • 10173字
  • ♥ 6
第6章:Mercenary Meets Mercenaries
  • PG12
  • 3212字
  • ♥ 8
流血表現注意。
アオイドスタグ付いてますがベンジーしか居ない。
光の下を歩きたいベンジーと、光も闇も区別が付かないドランク。
第7章:魔法を覚えたジータちゃん
  • G
  • 6856字
  • ♥ 6
第8章:ドランクを助けたいジータちゃん
  • G
  • 11730字
  • ♥ 8
途中下ネタっぽいので注意してほしい。

みんなおかしい[feat. アオイドス / 完結済み]

『おかしなジータちゃん』開始時点から1年半後くらい。

あらすじ

DOSSSSのGIGの途中、何物かが投げ込んだ短剣でその場は大騒ぎに。
助っ人として呼ばれていたドランクとスツルムの活躍もあり、なんとか事態に収拾はつくが、残された短剣には不思議な力が宿っていた。
「好きな奴の嫌な所が気になって仕方なくなるんだよ。殺したいくらいにな」
短剣に操られたラカムの言葉に、操られなかったアオイドスとドランクの二人はそれぞれに不安を抱えつつも、その謎を追いながら己を見つめ直していく。

第1章:THE DOSSSS with Tramonto Familia
  • G
  • 12821字
  • ♥ 4
DOSSSSになった後のドス達とトラモント・ファミリア。
各種フェイト・イベントネタバレにご注意ください。
第2章:ラカムの恋路を応援する会
  • G
  • 3517字
  • ♥ 2
第3章:ドランクを訝しむジータちゃん
  • G
  • 3583字
  • ♥ 3
第4章:思わぬ邪魔が入ったジータちゃん
  • G
  • 5472字

ドランクと許婚を見守るジータちゃん』を読んでおいた方がわかりやすい。
ドラスツでユスベアでラカジタ。

第5章:うっかり見られちゃうジータちゃん
  • G
  • 6894字
  • ♥ 2
第6章:寝た子を起こしたベンジーちゃん
  • G
  • 7364字
グラフェスでアオイドスが実在していた…。教えてくださったフォロワーさんありがとう…。
第7章:とてもお怒りのジータちゃん
  • G
  • 7130字

トラブるジータちゃん[feat. ラカム / 完結済み]

ラカムがジータへの接し方を悩む話(の割に出番は多くない)。

1~3はアウギュステでトラブルに巻き込まれるジータちゃん達の話。
『みんなおかしい』の翌年の夏の話です。

4以降は『白の亡霊』より後の話ですが『白の亡霊』はすっとばしても読めます。

このセクションも完結編としてちゃんと本にする予定はあります(作業中)。

第1章:男の子になっちゃったジータちゃん
  • G
  • 6564字
  • ♥ 2
性別が入れ替わってしまう定番ネタ。
第2章:誘拐されるドランクちゃん
  • G
  • 4100字
  • ♥ 1
第3章:意識しちゃうジータちゃん
  • G
  • 5742字
  • ♥ 1
第4章:消えたジータちゃん
  • G
  • 5596字
イベント『STAY MOON』のネタバレあり。
第5章:駆け引き
  • G
  • 5534字
  • ♥ 1
カシウス「今ユーステスが若干俺を悪く言った気がする」
第6章:勘が鋭いジータちゃん
  • G
  • 5003字
ユーステス「上書きしたの俺達かもしれん……」
第7章:ジータちゃんの小冒険
  • PG12
  • 4744字
  • ♥ 1
第8章:号泣するジータちゃん
  • R15+
  • 6444字
  • ♥ 1
第9章:ただ前に進むだけ
  • PG12
  • 6035字
  • ♥ 1

消化試合みたいになってしまった。
長々とお付き合いいただきありがとうございました。

白の亡霊[feat. ドランク, バレンティン / 完結済み]

時系列的には『トラブるジータちゃん』の第3章と第4章の間。
番外編っぽい感じなのと長くなってしまったのでラカムの部から分割。
ありとあらゆるもの(過去とか本名とか)を捏造していくスタイル。

第1章:白の亡霊
  • PG12
  • 5581字

作者は夏休みの朝に幽☆○☆白書を見て育ちました。

第2章:デート観戦とはいかないジータちゃん
  • PG12
  • 6247字
流血表現注意。
第3章:勝者のディナー
  • PG12
  • 5862字
ガンダルヴァ×リーシャを取り扱っている方は他にいらっしゃいませんか?
第4章:翠の追憶
  • PG12
  • 8332字
ちょっとグロいかもしれない。
第5章:それでも共に歌は歌える
  • PG12
  • 6305字

フェリちゃんのお家騒動 [feat. フェリ / 完結済み]

時系列的には『トラブるジータちゃん』より後ですが、ここまでの話をすっとばしても読めるはず。
但しジータが旅を始めてから3年くらい経っていて、ドラスツとラカジタは前提です。
フェリちゃん関連の公式情報はメインクエとSSRのフェイトエピくらいは履修済みだと安心。あとリミドランクのフェイト。

あらすじ

生まれ育った島を離れ、時に騎空士として、時には歌手として第二の人生を歩んでいたフェリ。
そんなある日、実家の建物が開拓者達に勝手に改装されそうだという情報を掴む。
ドランクの入れ知恵で暫く屋敷で生活する事になったが、どうやら彼にも思惑があるようで……。
フィラとの手紙を辿りながら、フェリは欠けていた記憶を取り戻していく。

第1章:戸惑うフェリちゃん
  • G
  • 5304字
  • ♥ 1
第2章:フェリちゃんの手紙
  • G
  • 5410字
  • ♥ 1
本名から何から捏造していくスタイル。
第3章:おばあちゃんの遺したもの
  • PG12
  • 5580字

原作で絡みが無いキャラを引っ付けたがるマンです。全部幻覚よ。
アオイドスとカシウスは互いに話がかみ合わないまま何時間でも喋ってそう。

第4章:空から降ってきた王子様
  • G
  • 4865字
第5章:霧の外
  • G
  • 5386字
第6章:枯れた後に花は咲く
  • G
  • 6429字
  • ♥ 1
最後のページはあとがき的なもの。

短編

彼岸の会話
  • G
  • 2692字
  • ♥ 1

みんなおかしい』の後の話。 ユーステスとドランクはお互い口が堅い事を知っていてついぽろっと漏らしちゃう関係だと良いなという妄想。

Anyone but me
  • G
  • 3925字
  • ♥ 1
男の子になっちゃったジータちゃん』で書けなかった部分。
昔話
  • G
  • 3523字
イベント『STAY MOON』の後の話なので(ネタバレは無いと思いますが)ご注意を。『白の亡霊』の後、『違和感』の第4話の前の話(第4話早く存在するようになってほしい)。
ドランクとの距離が近すぎるジータちゃん
  • PG12
  • 1950字
  • ♥ 1
小ネタ集。
その男は風のように/こう見えて甘党
  • G
  • 2931字
暴風を引き起こす星晶獣への対応を依頼されたジータ達。
スツルム&ドランクと、組織を引退して仲良くお菓子屋を営んでいたベアトリクスとユーステスを助っ人に呼んでいざ、出発!
前半がラカムの話で後半がユーステスの話。
推測ゲーム
  • G
  • 1752字
  • ♥ 1
いつだかのグラブルの配信のアキネ○ター面白かったな。
※このシリーズのジータちゃんはビショップ
イマジナリーフレンド
  • G
  • 4727字
  • ♥ 2

不気味な話。

ゆかいなコルワちゃん/シーナの口紅
  • PG12
  • 5623字

最後のページは本文じゃないです。

Written by

キャラクタータグ