宇宙混沌
Eyecatch

短編

ほとんどドラスツ。

大人の恋
  • G
  • 3360字
  • ♥ 2

水着スツルム殿ありがとうございました!
ほとんど石でですが初天井してお迎えしました。

嫌と言うまで
  • R15+
  • 7544字
  • ♥ 2

一人の夜は長し、二人の道も長し』の続き。

生きてて良かった
  • G
  • 2210字
  • ♥ 1

傭兵の話。

コンビをやめる日
  • R15+
  • 10316字
  • ♥ 3

こいつらこのくらいの重大イベント無いと結婚しなさそうで…。
メインクエのナルグラ編と、傭兵イベントと、水スツルム殿のフェイトエピを読んでからの方が良い。

もう一回
  • R18+
  • 7046字
  • ♥ 3

朝っぱらからする2回目。
ただ一言』の文脈。

ただ一言
  • R15+
  • 5456字
  • ♥ 2

ドナ「ドランクがスツルムを唆すから……いや、むしろ逆か。ドランクも苦労するな」
ヴォルケ「その心は?」
ドナ「スツルムはああ見えて男を掌で転がすのが上手いからね。本人は悪気も自覚も無いけどさ」

将来の夢
  • G
  • 4795字
  • ♥ 2
ドランクが赤き地平に3回落ちる話。
ドラスツに子供が居ます。
トリップ
  • PG12
  • 4325字
  • ♥ 2
プロポーズしたいドランク
ギブアンドギブ
  • R18+
  • 6572字
  • ♥ 2
ドランクが傭兵をやっている理由の話。
  • R18+
  • 20660字
  • ♥ 3

傭兵2「この本部にはいつもスツルムさんひとりで来るからさあ。だから……何かあんのかなって思うだろ?」
たまたま聞いてたスツルム(そりゃ背中を刺されかねない場所にはおいそれと来れないよな……)

最後のページは本文じゃないです。

他人行儀
  • R15+
  • 4774字
  • ♥ 2
若ドラスツ。自分の事が好きじゃないドランクとドランクの事が好きなスツルム殿。
虚言症
  • G
  • 5643字
  • ♥ 2
他の短編より先に書き始めてたやつなんだけどネタ被りで仕上げてなかったやつ。
いつかは突然やって来る
  • R18+
  • 7173字
  • ♥ 4
初夜とその後。
二人の子供
  • R18+
  • 5997字
  • ♥ 2
家出したての二人がちょっとの間だけ一緒に旅する全て妄想。二人の間に愛は無い。最後のページはおまけ。
うそつき
  • R15+
  • 5287字
  • ♥ 4
ドランクの事を考えれば考える程本命は抱けないタイプではと思ってしまいそうすると初夜はこうなる。
エクシア
  • PG12
  • 5918字
  • ♥ 2
グラブルと言うかGBVSの二次創作です。
ブルースフィアがカリオストロの武器スキンとして実装されてしまったのでドランクが実装される可能性が限りなく低くなってしまい悲しい…。まあドランクは格ゲー向けのキャラではないですが。
メーテラ本家の方で一人も居ないので早く出て来てほしいです。先日水着バージョンは入手できました!
墓前にて
  • PG12
  • 5443字
ドランクに弟が居たら、という設定の話をずっと書きたかった。
とんでもなく暗い。
あとこんな若いドランク書くの久々の気がする。
平行線
  • G
  • 19771字
  • ♥ 3
若ドラスツ(と最後だけグランサイファー)
聖夜のグランサイファーにて
  • PG12
  • 4927字
  • ♥ 5
アオイドスがお酒にめちゃくちゃ強い(※クリスマスボイスより)と聞いて(でもこの話はドラスツ)
目覚まし時計は便利なので軽率に使っていこう。
最後のページはおまけ。
囀り
  • R15+
  • 2574字
  • ♥ 4
うるさいドランクを書く練習。
一人の夜は長し、二人の道も長し
  • G
  • 8706字
  • ♥ 2
個人的にはゲーム世界での二人は事実婚だと信じているので、なんかそういうドラスツになるまでが書きたかったんですが、やっとそれっぽいのが書けた気がする。
不器用な二人
  • G
  • 6323字
  • ♥ 1
出会って間もない頃、付き合ってないドラスツ。どっちもコミュ障。
疑心暗鬼
  • R15+
  • 5294字
  • ♥ 5
真理に辿り着いた。
煙の向こう側
  • PG12
  • 1254字
  • ♥ 5

若ドラスツ。

touch
  • R18+
  • 1412字
  • ♥ 7
若ドラスツ
※ドランクが人殺してる
※異種族間妊娠可能性がある世界線
名前も知らない少女
  • R15+
  • 5585字
  • ♥ 6
昔致せなかったドラスツが致すまでの話(本番シーンは無い)

Written by