宇宙混沌
Eyecatch

この身を賭して


『好きだったんだよねえ、その子の事。とても言えなかったけどさあ』
 手紙の話をした時の夢を見ていた。
 とても言えなかった。
 何故?

 陽の光に目が覚める。時計を見ると昼前だった。まずい、と思ったが、今日は休みと思い出してほっとする。
 隣にドランクの姿は無い。水音がする。先に起きてシャワーを浴びているのだろう。
 服を着て汚すのも嫌なので、そのままベッドで待っていると上がってくる。
「……おはよう」
 声に覇気が無く、あたしの方が心配になった。
「おはよう。その……良くなかったか?」
 異種族だし、と付け加えると、ドランクは濡れた髪をタオルで拭きながら隣のベッドに座る。
「そう。異種族だからさ」
 やっぱり気持ち良くなかったのか。項垂れたあたしの耳に入ってきた言葉は、予想外のものだった。
「とても言えなかったし、一生言わずにいるつもりだった。仮に僕の方から気付いたとしてもね」
「え?」
「スツルム殿、初めてだったんだよね?」
「あ、えっと……」
 隠しても無駄か。シーツに薄く滲んだ色を見る。
 はあ~とドランクは大きな溜息を吐いた。
「とりあえず、シャワー浴びてきなよ」

 シャワーから上がると、シーツは取り払われていて、ドランクはしゃがんで荷造りをしていた。
「もう一泊するんじゃないのか?」
「うーん、汚しちゃったからさあ、出て行ってくれって」
 シーツを持って謝りに行ったのか。悪かったな、と青い頭をぽんぽんと叩いて、自分も支度をする。
「スツルム殿さあ、今後もこういう事したい?」
「お前は嫌なのか?」
 声が震えた。ドランクは困った表情をする。
「僕は嫌じゃないよ。スツルム殿の気持ちを訊いてるの」
「あたしは……したい」
 好きな人の側に居て、触れ合いたいと思うのは自然な事だろう?
「異種族だから、子供が作れないって解っててそう言ってるんだよね?」
「……解ってる」
 エルーンとドラフの混血なんて見た事も聞いた事も無い。つまりはそういう事なんだろうとは、思っていた。
「子供は、欲しかった……好きな相手との子が欲しかったんだ。それがそもそも無理なら、無いもの強請りはしない」
「そっか」
 ドランクは荷物の蓋を閉めると、あたしに向き直って跪く。
「それじゃあ、僕は、この身を賭して君を守るよ」
 とても気恥ずかしくなって、その後の事はよく覚えていない。指輪がどうのという話をしたかもしれない。
 しかしこの言葉の隠された続きが、「だからその為の僕の言動を許して」だとは、間も無く思い知らされる事になるのだった。

Written by